tamlog

主にwebのフロント回り たまに登山

FlashAirを購入。

スポンサーリンク

Eye-Fiはレコロのデータを転送出来ないなーっと思ってたら 良い物がったので紹介。 東芝の無線LAN SDカードFlashAir

無線LAN内蔵SDカードであればEye-Fiがあり有名ですが、FlashAirというものを見つけました。 Eye-FiとFlashAirの違いは何かというと

Eye-FiはSDカードに依存(設定)している。 Eye-Fiは事前にSDカードにアクセスポイントを設定し、どんな機種でも電源とwi-fiさえあればデータを転送出来ます。

・FlashAirは機種に依存している。 FlashAirは、Wireless LAN SDカードに対応していなければ普通のSDカードと同じです。 対応していれば、FlashAirは、SDカード自体がアクセスポイントになるためwi-fiが無くてもデータの転送が出来ます。

ではFlashAirの主な機能はですが、 「ワイヤレスデータ転送」機能。 デジタルカメラで撮影した画像を撮ったらすぐにiPoneでブラウザから確認出来ます。 そのままダウンロードすることも出来ます。 MacなどからアクセスすればSDカードを挿入する必要もなくブラウザから今撮影した写真を確認出来ます。

そして、FlashAir対応機器であれば、 P2P機能でFlashAir対応機器同士で、ワイヤレスでデータ転送が可能。 サーバアップロード機能。 も出来るらしいですが対応機種を持っていないため確認出来ませんでした。

初回使用時はネットワークパスワード変更など設定を変更してから使用した方が良さそうです(初期パスワードは12345678)。 使い方は、無線LANをONにし、ネットワーク名とパスワードを入力すれば接続可能です。 そしてhttp://flashair/にアクセスすればSDカードの中身を見ることができます。

FlashAirの良い点。 1,wi-fiが無くても動く。 2,ブラウザから直接SDカードにアクセスできる。 3,対応機種が増えたら楽しそうだ。 即座に確認できるのでレコロ設置時の画像確認など役立ちそうです! 今後対応機種が沢山出てくると幅が広がり楽しそうですね。