読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

tamlog

主にwebのフロント回り たまに登山

Subversionその1〜ローカル編〜

スポンサーリンク

Subversionのおぼえ書き。 サーバーにインストールして バージョン管理するのが目標です。 今回の記事は1.ローカルにリポジトリ作成。などです。

【すること】 1.ローカルにリポジトリ作成。チェックアウト、コミット、競合、マージなど確認 2.サーバーに設置 3.ローカルにチェックアウトしてバージョン管理

ターミナルで使ったコマンド一覧 cd 移動 cd .. 一つ上 ls 階層を見る mkdir ディレクトリ作成

subversionで使ったコマンド一覧 svn --version インストール確認 svnadmin create リポジトリ作成 import インポート -m コメント co チェクアウト status ファイルの状態を表示 diff 差分表示 commit コミット log リポジトリの更新確認 log --verbose 詳細 status --show-updates 新しいリポジトリのバージョンがあるか確認 diff -rHEAD ローカルとリポジトリの最新リビジョンを比較 update マージ "" : 変更無し A : 追加されている C : 競合している D : 削除されている M : 変更されている R : 置き換えられている

1.ローカルにリポジトリ作成。チェックアウト、コミット、競合、マージなど確認 まずは、サブバージョンのインストール確認 Macは、(インストール済みなのでバージョンを確認)

●インストール確認 svn --version //svn, version 1.6.17

ディレクトリ作成 mkdir /users/tam/svn-repos //users // | // tam // | // svn-repos

リポジトリ作成 svnadmin create /users/tam/svn-repos

●バージョン管理に使いたいtmpファイルをコミット //cd cd .. など使いtmpファイルに移動 svn import -m "importing test" . file:///users/tam/svn-repos/project01/trunk/(※1) //Adding ◯◯◯ //Adding ◯◯◯ //Committed revision 1. //-m の後ろ""はコメント //( . )を使ってtmpディレクトリ内のファイルをリポジトリproject01/trunk/にインポート

●任意の場所にworkディレクトリを作ってチェックアウト // work // | // project01 // | // project02 // | // project03 mkdir /users/tam/work svn co file:///users/tam/svn-repos/project01/trunk/ project01 // A project01/◯◯◯ // A project01/◯◯◯ // Checked out revision 2. //co でチェックアウト指示 URLでチェックアウト元のリポジトリを指定 最後の project01で作業コピーを指定 ●コミット svn commit -m "コミット" //Sending ◯◯◯ //Transmitting file data . //Committed revision 4.

●競合 // Text conflicts: 1 //<<<<<<<<<< .mine //ローカルコピー //=============== //リポジトリ最新 //>>>>>>>>>>> .r5(リビジョンNo.) svn log -r5 ◯◯◯.html //ログを確認 //そのファイルの競合を手動で解消 解消したらファイルをコミット svn resolved ◯◯◯.html //Transmitting file data .

ローカル作業はこんな感じで完了。 次はサーバーに設置。