tamlog

主にwebのフロント回り たまに登山

WCAG 2.0 適合レベルAの達成を考える

スポンサーリンク

「WCAG 2.0」とは?

Web Content Accessibility Guidelines (WCAG) 2.0

WCAG 2.0 解説書

WCAG 2.0 達成方法集

How to Meet WCAG 2.0

 

 

website-usability.info

 

 

適合レベルAの対応範囲は?

実装チェックリストの例 2012年11月版

 

ウェブアクセシビリティの達成等級:A

1 知覚可能

1.1 すべての非テキストコンテンツには、拡大印刷、点字、音声、シンボル、平易な言葉などの利用者が必要とする形式に変換できるように、テキストによる代替を提供すること。

 1.1.1  非テキストコンテンツ

1.2 時間依存メディアには代替コンテンツを提供すること。

  1.2.1  音声のみ及び映像のみ (収録済)

 1.2.2  キャプション (収録済)

 1.2.3  音声解説、又はメディアに対する代替 (収録済)

1.3 情報、及び構造を損なうことなく、様々な方法 (例えば、よりシンプルなレイアウト) で提供できるようにコンテンツを制作すること。

 1.3.1  情報及び関係性

 1.3.2  意味のある順序

1.4 コンテンツを、利用者にとって見やすく、聞きやすいものにすること。これには、前景と背景を区別することも含む。

1.3.3  感覚的な特徴

1.4.1  色の使用

1.4.2  解説書音声の制御

 

2 操作可能

2.1 すべての機能をキーボードから利用できるようにすること。

 2.1.1 キーボード

 2.1.2  キーボードトラップなし

2.2 利用者がコンテンツを読み、使用するために十分な時間を提供すること。

 2.2.1  タイミング調整可能

  2.2.2  一時停止、停止、非表示

2.3 発作を引き起こすようなコンテンツを設計しないこと。

 2.3.1  3回の閃光又は閾値以下

2.4 利用者がナビゲートしたり、コンテンツを探し出したり、現在位置を確認したりすることを手助けする手段を提供すること。

 2.4.1  ブロック・スキップ

 2.4.2  ページタイトル

 2.4.3  フォーカス順序

 2.4.4  文脈におけるリンクの目的

 

3 理解可能

3.1 テキストのコンテンツを読みやすく理解可能にすること。

 3.1.1  ページの言語

3.2 ウェブページの表示や挙動を予測可能にすること。

 3.2.1  オン・フォーカス

 3.2.2  ユーザインタフェース・コンポーネントによる状況の変化

3.3 利用者の間違いを防ぎ、修正を支援すること。

 3.3.1  入力エラー箇所の特定

 3.3.2  ラベル又は説明文

 

4 堅牢性

4.1 現在及び将来の、支援技術を含むユーザエージェントとの互換性を最大化すること。

 4.1.1  構文解析

 4.1.2  プログラムが解釈可能な識別名・役割及び設定可能な

 

 

 

確認するには?

総務省|情報バリアフリー環境の整備|みんなのアクセシビリティ評価ツール:miChecker (エムアイチェッカー)Ver.2.0

 

 

alfasado.net

  

ガイドラインを作るには?

JIS X 8341-3:2016 解説

ウェブコンテンツの JIS X 8341-3:2016 対応度表記ガイドライン

JIS X 8341-3:2016 試験実施ガイドライン(達成基準チェックリストの例)

ウェブアクセシビリティ方針策定ガイドライン

ウェブアクセシビリティ - 内閣府